介護保険制度について

介護保険は、介護が必要になっても安心して暮らしていけるように、高齢者の暮らしを社会全体で

 

支える制度です。

 

介護が必要な方は、費用の一部を負担すれば、さまざまな介護サービスを受けることができます。

 

介護保険を利用するには


介護保険を利用するには、区役所等に申請し、要介護認定を受けることが必要です。


要介護認定について

要介護認定は、「どれくらいの介護サービスが必要か」を判断するための認定で、要介護度によ

 

り、利用できるサービスや月々の自己負担の限度額が違ってきます。

 

要介護認定の調査

要介護認定を申請すると、認定調査員による訪問調査がおこなわれます。

 

調査を受ける際には、心身の状態や日ごろの生活についてなどを調査員に正確に伝える必要があり

 

ます。

 

見栄や羞恥心等から本当のことを伝えられず、実際の要介護度のレベルよりも軽く認定されてしま

 

うと利用できる介護サービスの範囲や利用限度額が大きく制限されてしまい、適切な介護サービス

 

を受けられなくなってしまいます。

 

ふだんの生活をよく知った家族等が立ち会うことをお勧めします。

 

要介護認定を申請するには

要介護認定を申請するには、要介護認定申請書に必要事項を記入し、介護保険の保険証を添えて、

 

区役所等の介護保険の窓口に提出します。

 

申請手続きは本人や家族はもちろん、居宅介護支援事業者、介護保険施設、社会保険労務士が代行

 

することもできます。

 

 


                

          介護保険手続きからサービス利用の流れ

 

 

        役所の介護保険の窓口に要介護認定申請書を提出

 

                   ↓

 

     認定調査員がご自宅や病院等を訪問し、心身の状態等を調査

 

                   ↓

 

                認定結果の通知

 

                   ↓

 

 介護事業者等に相談し、ケアプラン(どのようなサービスを利用するかの計画書)を作成

 

                   ↓

 

           ケアプランに基づいて介護サービスを利用

 

 


Q&A

介護保険の保険証は持ってるけど介護サービスは受けられないの?

 

保険証を持ってるだけでは使えません。「要介護認定」を受ける必要があります。

 

 

「要介護認定」を受けるにはどうすればいいの?

 

区役所等の介護保険の窓口で申請手続きをします。

 

 

要介護認定の訪問調査ではどんなことを聞かれるの?

 

食事や排せつ、入浴などの日常生活のことや寝返り、立ち上がりなどの身体機能について、金銭の

 

管理や薬の服用、問題行動についてなど聞かれます。

 

また、実際に手足を動かしてもらい、動き具合について調査したりもします。

 

 

訪問調査だけで実態を正しく把握できるの?

 

要介護度は訪問調査の結果と主治医の意見書を基に判定されます。

 

 

何かあった時に備えて要介護認定の申請は早めにしておいた方がいいのでは?

 

日常生活に支障がない時に申請しても要介護にも要支援にも該当しません。要介護認定は実際に介

 

護が必要になった時に申請します。あらかじめ申請するものではありません。

 

 

要介護認定を受けた時より状態が悪化してしまった場合はどうすればいいの?

 

状態の変化に応じて要介護区分の変更を申請することができます。

 

 

介護費用の負担は?

 

介護保険のサービスを利用した場合、原則としてかかった費用の1割を負担します。

 

施設サービス(老健、特養等)を利用する場合には1割負担に加え、食費・居住費・日常生活費等

 

を負担します。

 

 

要支援と要介護の違いは?

 

要支援・・・要介護まではいかないけど日常生活において何らかの支援を必要とする状態

 

要介護・・・日常生活において介護を必要とする状態

 

要支援は1~2、要介護は1~5に分かれていて、数字が大きくなるにつれて支援、介護の必要性

 

が高くなってきます。

 

基準があいまいで分かりにくいですが、要支援では利用できないサービスもあります。

 

 

介護保険施設って?

 

介護老人保健施設(老健)・・・介護とリハビリの施設

 

介護老人福祉施設(特養、特別養護老人ホーム)・・・介護が中心の施設

 

介護療養型医療施設・・・医療が中心の施設